司法書士に相談する内容


司法書士に相談する内容

司法書士という職業は、普段不動産関係の仕事をしていたり、会社の登記手続きに関わっている人でなければなかなか耳にしないでしょう。
司法書士というのは、基本的には法務局での登記に関する手続き業務を代行しています。



例えば、相続や売買などによって不動産の名義が変わったとき、不動産を担保にしてお金を借り入れるとき、逆に返済を追えて担保をはずす時など、不動産の所有者や担保関係に変更があったときに手続きを依頼します。

また、会社を設立した時や、役員、目的など会社の内容に変更があったとき、支店を設置したり本店を移した時などにもこれらの登記手続きを行います。



そのため、司法書士が受ける相談内容は基本的に登記に関する内容が多くなってますが、近年では簡裁代理権を持っており、過払い金の返還や自己再生、民事再生申立てなどの法定所に提出する書類作成を代行したり、出廷の代理人になるケースも増えてきています。

元々法定所に提出する書類を本人名義で作成代行することは可能ですので、相談でも養育費、借金問題など様々な内容が持ち込まれています。相談をする時には、司法書士によって得手不得手がありますので、事前に予約をする時にどういったトラブルに関する相談なのかということを伝えておいたほうが良いでしょう。



また、実際に話を聞いてもらうときには、そのトラブルに関する資料等を一緒に持ち込んだほうが、的確なアドバイスをもらえます。

ネット証券 手数料に関する情報を紹介するサイトです。

知って納得の信用取引に興味ある方、必見です。

口コミ評判の高い投資信託の情報サイトです。